日本女性のバストサイズ

バストサイズの悩み

バストサイズ


ボンキュート(BomCute)のようなバストアップサプリが注目を集めるのは、それだけバストサイズに悩みを持つ女性が多いからですよね。でも、平均的なサイズってどのぐらいなのかを知るのはちょっと難しいんです。


学生のデータなら文部科学省にあるのでは?と思ってしまいますが、文部科学省では1994年に胸囲の測定を廃止しています。私立校などで測定が続けられているところもあるかも知れませんが、公式なデータを見つけることはできませんでした。


そこで、下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が定期的に実施しているブラジャーについての調査を参考にしてみました。世界7か国(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、中国、台湾)の18歳以上の女性1000人を対象に調査したものです。(出典:http://www.triumph.com/jp/ja/5996.html)


各国ともBカップが最も多い

現在のブラジャーのカップサイズを聞いた質問では、各国とも、Bカップがもっとも多いという結果になっています。平均すると35%の女性がBカップという回答。日本人女性のBカップ比率は34%なので、他国と大きな違いはありません。


各国ともBカップが最も多い



一方で、ブラジャーのアンダーサイズについての質問では、日本人女性で最も多い回答は75cm、次いで70cm以下。フランス、ドイツ、イタリアの女性は、いずれも85cm以上が最も多く、40〜50%程度を占めます。アンダーサイズはヨーロッパ各国の方が10cm以上大きいことがわかります。


アンダーサイズ



カップサイズは同じでも、日本女性は良くも悪くもスリムな傾向が強く、ヨーロッパ各国の女性は体格そのものががっしりしている、と言うこともできそうです。


日本人女性の自分のバストサイズへの満足度は低い

自分のバストに対する満足度として、バストサイズ、バストの形について聞いた質問では、日本人女性はどちらも60〜70%程度が「不満・やや不満」と回答しているのに対し、フランス、ドイツ、イタリアは60〜70%程度が「満足・とても満足・非常に満足」と回答しています。


バストサイズへの満足度



日本人女性とヨーロッパの国々の女性を比較すると、ブラジャーのカップサイズは各国でそれほど差異がないにも関わらず、日本人女性は自分のバストへの満足度が低いことがわかります。


こちらの調査資料では、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が下着メーカーであることもあり、ヨーロッパでは、ブラジャーは女性のバストの魅力を高め、アピールするツールとしての役割がとても高く、普段からブラジャーを選んだり着けたりすることを楽しんでいる。日本人女性ももっと見習ってみては?という結論になっています。


いずれにしても、日本人女性でバストサイズ、バストの形で悩んでいる人が多いというのは間違いないようです。ブラジャーなど下着での対策とともに、バストアップサプリの人気が高まっているのも、こうした悩みが背景にあると言えそうですね。